見積もり比較の大切さ

「工法などが特殊」、「新築を依頼したところだから間違いない」、という理由で、不動産会社などの新築のメンテナンス部に、リフォームの提案や価格も比較もしないで、依頼をする人も多いようです。 ですがその前に、今までのその会社の対応を思い出してみて下さい。 以前は、新築一戸建てが完成し引き渡し後、メンテナンスなど全く来なかったのに急によく来るようになったり、まだリフォームの見積もり段階なのに「大工を連れて来ます」といった早急な対応をするような会社は、今一度依頼先として、よく考えてご判断した方が良いでしょう。 一部のハウスメーカーを除く企業は、新築の市場が落ち込んだ際 リフォームを強化するということを繰り返し、新築建替え部門で使えなかった営業担当を、リフォームの部門に転属させ、リフォームの営業を一斉に顧客にかける、という場合が多いのです。 その企業が、本当に顧客のことを思うのであれば、新築引き渡した後も、しっかりしたフォロー体制ができているはずです。 もし工法の不備など特殊なことであれば、元請けであるその会社に対応を依頼するべきですが、屋根の葺き替えや外壁の塗り替え、設備の交換やクロスの張り替えなどは、基本的に数社で比較検討することをお勧めします。 特にデザインリフォームを希望する方は、手元に届く資料やホームページで、その会社の実力を、ある程度判断しておきましょう。 その会社が、リフォームを得意としているのか、新築専門なのか、意外にも、ビルや学校といった建物や建売分譲などの不動産系が専門、という場合もあります。 資料やホームページに施工例などを掲載しているぐらいですので、会社もその実例には自信を持っているでしょう。 しかし、大工さんがホームページを作っていないということが多いように、ホームページだけで判断できない熱心で丁寧な会社などは、たくさん存在しているのも現実です。 よく判断した結果、新築を依頼した会社のメンテナンス部にリフォームを依頼したとしても競合先がなく、商談にも価格にも「緊張感」はないでしょう。 結果的に頼むこととしても、必ず他社との見積り比較は、忘れないでください。

↑ PAGE TOP