知り合いが故に

「知り合いの大工さんに頼むのが一番信頼できるし。安心できる」 よく聞かれる言葉ですが、はたしてそうなのでしょうか。 現状、親戚や知り合いの業者にリフォームを頼んで成功した事例は余り多くありません。 リフォームは業者との打ち合わせをしっかり行なうのが一番重要なことですが、知り合いに頼むと全てお任せになってしまう場合が多く、本当に納得してから工事を開始できない、という理由が挙げられます。 そして、いざ工事が始まり、進みや仕上がりに不満があっても、知り合いというだけで、遠慮がうまれ、リフォームが目的であるにもかかわらず、なかなか言い出せずに工事が終わってしまう。 リフォームで一番大事なことは、工事が終わった後のメンテナンスなのですが、こちらも頼みづらく結局、他の業者に手直しを依頼する、というケースは少なくはありません。 お互いに人間関係のうえに成り立っているのですが、どのような人間関係であってもリフォーム工事にはお金が介在します。 親戚や知り合いという事で、若干の値引きやサービスもあるでしょう。 しかし、片や、やってあげたと言う意識、片や、お金を払っていると言う事実。 純粋な商取引ではない分、問題が発生した場合、対処が難しい場合が多くあります。 純粋な商取引であれば、お客様は 消費者として 法律で守られています。 業者もその中で襟を正して仕事をしなければなりません。 当然、罰則や規定もあります。 しかし、親戚や知り合いなどの人間関係の場合、それが全ておざなりになってしまい、楽しいはずの家づくりが、遠慮や気疲れなどによる過大なストレス、思わぬトラブル、出費の要因になるのです。 親戚や知り合いであるなら、場合によってはこちらの事情をきちんとしてくれるというメリットもありますが、そのようなデメリットも同時にあることを知った上でご依頼しましょう。 もし知り合いに頼むのであれば、知り合いという意識を持たないで接していきましょう。

↑ PAGE TOP